欲しいものを彼氏にさりげなく態度で示す

おしゃれなバック

24歳のOLです。今付き合っている彼氏は会社員で35歳とちょっと年上なのですが、それもあって彼は私に対してすごく優しいのです。
でも35歳とは言え彼も決して収入が多くはないので無理におごらせたりはしません。
時には割り勘にしたり私がおごったりすることがあるなど私も結構気を遣っているのです。

それでも誕生日やクリスマスにはプレゼントをしてくれる彼、これまでの最高金額は三万円の時計で彼からすれば奮発しているのですが、実は私の欲しいのがコーチの最新バッグです。
気に入った理由はデザインが可愛いのもあるのですが、本革なので丈夫で長持ちするからです。
どうしても欲しいのですが、値段が10万円以上なのでちょっと手が出にくい価格なのです。

彼氏にお願いしようかなと思ったのですが、こんな高いものお願いするのも悪いかなと思いました。
ダメ元で彼氏に私がコーチのバッグが欲しいと思わせる作戦を考えました。
よく行くショッピングモールのショーウィンドーに飾っているコーチのバックをじっと眺めている姿を彼氏に見せようと思ったのです。
デートの待ち合わせをショーウィンドーの前にして予定より早く到着してガラス越しにジッと見ていたのです。

すると彼氏が現れ、私がショーウィンドーをじっと見ていたのをしっかり見ていたのです。
案の定、彼氏がそのことについて尋ねてきたので、「あのバックいいなと思って」と決して欲しいとは言わず、思わせぶりの態度を見せたところ、私の誕生日の日にコーチのバックをプレゼントしてくれました。

彼に「ありがとう、でもこれ高かったでしょ?」と尋ねると何とリボ12ヵ月払いでクレジットを組んだのだそうです。
本当に彼には申し訳なく思いますが、こんなに頑張って私の欲しいバックを購入してくれたのでますます彼のことが好きになりました。