学生ならではの「0円デート」

二人乗りのカップル

学生時代のときなどは誰でもお金がなく、金欠なものだと思います。
でも、学生のときだからこそ思いっきりできる「お金がなくても彼と一緒に居れるだけで楽しい0円デート」が沢山あると思います。
まず、学生ならではで言う「0円デート」は、「テスト勉強0円デート」です。学生のときだからこそ、普段は部活動などで忙しくてもテスト期間は休みの部活動が多くだと思います。
そんなテスト期間に彼と一緒にに学校にそのまま残ってや、公民館などて2人でテスト勉強をする。これぞ学生時代の青春を感じる「0円デート」です。

次の「0円デート」は、「2人で0円公園デート」です。
公園デートと言うのは学生ならでは出来るデートです。
歳をとってから公園で2人でブランコをのりながらお喋りなんて寒過ぎます。
学生カップルが公園でブランコに乗りながらお喋りは、これも学生の青春と言う感じがして素敵です。

そして、その公園の行き帰りは彼が自転車をこいで彼女が後ろに乗る2人乗り!
これも、制服の2人が2人乗りをしていると素敵です。
他の「0円デート」は、2人とも運動部などに入っているなら、2人でランニングデートなんてのも素敵ですよね。
「0円デート」と言うのは、ただ2人で居られるだけで楽しい。それだけで十分なんだと思います。

想い出の一瞬を逃さずに撮れた一眼レフ

一眼レフ

前まで、普段写真はデジカメやスマートフォンや撮り、それで十分だと思っていました。
しかしある日一眼レフカメラで写真を撮っている人を見かけ、普通のカメラと何が違うんだろう、と気になってネットで検索して一度使ってみたいなと思ってしまいました。
黒いカメラは定番だと思いますが、赤い本体で可愛かったので、内容も確認せずに見た目だけで購入しました。

届いてすぐに使えたので撮ってみると初心者でもスマホとは全然違う写真が撮れました。
子供がいるので子供を公園に連れて練習しようと思いましたが、何も知識がなかったので曇り空の下だと暗くなってしまったり走り回っているとぶれてしまったり。
なかなかいいカメラなのに使いこなすことができず、少し勉強してから機能もきちんと考えて購入すればよかった、と思いました。

カメラ本体とは別に写真撮影方法の本を購入したり、レンズや小物の付属品も買わなくてはならず、思っていた以上にお金がかかってしまいました。
ですが設定の仕方などもわかるようになってきて、練習をしていい写真が撮れるようにもなりました。
写真を見返したときにまだ小さい子供の笑顔や一瞬の瞬間を収められている写真を見て、二度と戻れない瞬間を綺麗な写真で残すことができてよかったと。
少し高かったけど一眼レフカメラを買って撮っていてよかった、と思えました。