洋服は安物でいい、小物やカラーチョイスで勝負

ファッションコーディネイト

私は、洋服はGUやユニクロ、古着など本当に安いものばかり着まわしています。
安く見えない為に服選びは、「洗濯するとすぐ伸びそうな素材は選ばない」「○○で買ったとすぐバレるようなインパクトのある柄物やプリントタイプの物を買わない」「マネキンコーデは無視する」です。

まず、着ている服が伸びていたらどんな高価な服でも安物に見えてしまうので、値段関係なく伸びそうな服ははじめから選ばないように気を付けています。
そして、プチプラショップで買ったのがバレてしまうような派手な柄や、宣伝でモデルが着ているような売り出し中の商品は買わないようにしています。
同じような理由でマネキンコーデも参考にしないようにしています。
そして、安物だと見せないようにする為に小物選びを重視しています。

ピアスやネックレスは、キラッと光るワンポイントの物、ヘアアクセをアンティーク調の物にしたり、時計はブランドを付けたり、スニーカーならスポーツブランド、ヒールは黒や白など高級感があるイメージのものを選んで合わせています。
バッグも、皮製品で型がしっかりめの物だと尚いいと思います。
そして小物も含めカラーは2~3種類におさめています。
メインカラーを白(全体的な色味)だとすると、サブカラーをグレー、アクセントカラーには小物で少し派手なカラーを合わせたりしてシンプルにまとめています。
シンプルにまとめることで、落ち着いたコーデになり、安物に見えなくなります。

スーパーのお惣菜の最終値引き価格を知って

惣菜売り場

近所に23:00閉店のスーパーがあります。
このスーパーでは、夜19:30~20:30ぐらいに1回目の値引き赤札シールが貼り出されます。
この時点での値引き価格は25%引きぐらいです。
そして21:00~22:00に2回目の50%OFFの価格のシールが貼られます。
最近まで、この価格が最終値下げ価格だと思っていました。

ところが先日、閉店ギリギリの22:30過ぎにスーパーに到着すると、75%OFFのシールが貼られていました。
鮮魚や刺身などのシールは50%OFFのシールのままでしたが、お惣菜コーナーは75%OFFになっていました。
50%OFFを知った日は、かなりの感動と驚きと、今まで損してた感でいっぱいでしたが、
75%OFFの価格を目の当たりにすると、何だかスーパーが気の毒に感じました。

おにぎりが一番わかりやすいので、おにぎりで説明すると、1回目の値引きでは100円のおにぎりが75円になり、2回目で50円になり、最終的に25円になります。
つまり定価だと1個しか買えませんが、最終値引き価格だと4個買えます。
これは大家族やお子様が多いご家庭には重要なことです。
また一人暮らしの方でも冷凍しておけば4日分のランチになります。

ということで最終価格を知った今は、閉店ギリギリにスーパーに行くようになりました。
そして75%OFFになったお惣菜を購入しては、冷凍食品のように冷凍しています。