特定難病性疾患が発覚し思わぬ出費に

注射の準備する医者

私は1年ほど前に潰瘍性大腸炎という特定難病性疾患が発覚しました。
前職は接客業で店長をしていましたが、仕事のストレスから半年で7kg体重が減りこのまま続けるのは難しいと退職。
退職をし自宅療養をしていましたが一向に回復せず便に血が混ざることが増えてきました。
ただ病院に行くことが嫌で自然に治るのを待っていましたが、体重は減るばかり。
このままではまずいと病院にいくと、確定診断はできないが潰瘍性大腸炎の可能性が高いと言われ、直腸~S字結腸までの内視鏡検査をすることになりました。

今まで私はあまり病気にかかったこともなく健康的な方でしたし、まさか自分がそんな病になるとは思いもしてませんでした。
それからも胃カメラ、腸全体の内視鏡検査と検査ばかりを繰り返しやっと結果が出ました。
最初の診断の通り潰瘍性大腸炎でした。
この病気の厄介な所は原因不明の難病ということです。
現在の医療では完治することがなく悪化と症状の緩和期の繰り返しで良い状態を維持するための治療方法しかないということです。

毎日の薬代、定期的な診察などで半年で13万ほどかかりました。
治るのであれば一時的な出費ですがこれが永遠続きます。
最初はなんで私が。。。という気持ちが強かったですがなってしまったものを後悔しても仕方ありません。
うまくこの病気と付き合っていくことを考え、悪化しないように食事管理を徹底しています。
そしていつか特効薬が見つかることを願うばかりです。
ただこの病気をきっかけに医療事務の資格を取り今は病院で勤務しています。
思いがけない病気でいきなりの出費ですが前向きに受け止めていきたいです。

欲しいものを彼氏にさりげなく態度で示す

おしゃれなバック

24歳のOLです。今付き合っている彼氏は会社員で35歳とちょっと年上なのですが、それもあって彼は私に対してすごく優しいのです。
でも35歳とは言え彼も決して収入が多くはないので無理におごらせたりはしません。
時には割り勘にしたり私がおごったりすることがあるなど私も結構気を遣っているのです。

それでも誕生日やクリスマスにはプレゼントをしてくれる彼、これまでの最高金額は三万円の時計で彼からすれば奮発しているのですが、実は私の欲しいのがコーチの最新バッグです。
気に入った理由はデザインが可愛いのもあるのですが、本革なので丈夫で長持ちするからです。
どうしても欲しいのですが、値段が10万円以上なのでちょっと手が出にくい価格なのです。

彼氏にお願いしようかなと思ったのですが、こんな高いものお願いするのも悪いかなと思いました。
ダメ元で彼氏に私がコーチのバッグが欲しいと思わせる作戦を考えました。
よく行くショッピングモールのショーウィンドーに飾っているコーチのバックをじっと眺めている姿を彼氏に見せようと思ったのです。
デートの待ち合わせをショーウィンドーの前にして予定より早く到着してガラス越しにジッと見ていたのです。

すると彼氏が現れ、私がショーウィンドーをじっと見ていたのをしっかり見ていたのです。
案の定、彼氏がそのことについて尋ねてきたので、「あのバックいいなと思って」と決して欲しいとは言わず、思わせぶりの態度を見せたところ、私の誕生日の日にコーチのバックをプレゼントしてくれました。

彼に「ありがとう、でもこれ高かったでしょ?」と尋ねると何とリボ12ヵ月払いでクレジットを組んだのだそうです。
本当に彼には申し訳なく思いますが、こんなに頑張って私の欲しいバックを購入してくれたのでますます彼のことが好きになりました。

人生最高に幸せなクリスマスデート

クリスマスの飾り付け

付き合っていた男性が、試験合格を目指していたため、お金をかけるデートをするのが難しかったことがあります。
そんな彼が、なかなかお金をかけられないけれども最高に楽しいクリスマスデートを考えてくれました。
まずは、夜景が好きな私のために、都庁の展望台です。
200メートルほどの高さから東京を一望できる展望台。
昼間でも夜でも開放されていて、料金は無料なんです。
お金のかかる都心の展望台なみの素敵さで感動しました。

その後は彼の家に招待されました。
ドアの前で待たされ、中からは携帯から流したと思われるクリスマスソングが流れてきました。
家の中に入ると部屋には家にあるもので精一杯の飾りつけをしたクリスマス会を準備をしてくれていました。
料理に使うザルに星の形をした紙をくっつけて、中にライトをいれることで、素敵な照明に。
紙で作った、サンタの帽子やひげ。

他にも、手作りフルコース料理をおもてなしをしてもらいました。
そしてプレゼントには手作りのアルバムや手紙を渡されて…。
いつも、きちんとしたデートができなくて文句を言っていた私ですが、一生懸命楽しませようとしてくれたことに涙が出ました。
翌年、彼が就職しお金をかけられるデートができるようになりましたが、その時のお金をかけないデートが今までで一番幸せで印象に残っている思い出です。

洋服は安物でいい、小物やカラーチョイスで勝負

ファッションコーディネイト

私は、洋服はGUやユニクロ、古着など本当に安いものばかり着まわしています。
安く見えない為に服選びは、「洗濯するとすぐ伸びそうな素材は選ばない」「○○で買ったとすぐバレるようなインパクトのある柄物やプリントタイプの物を買わない」「マネキンコーデは無視する」です。

まず、着ている服が伸びていたらどんな高価な服でも安物に見えてしまうので、値段関係なく伸びそうな服ははじめから選ばないように気を付けています。
そして、プチプラショップで買ったのがバレてしまうような派手な柄や、宣伝でモデルが着ているような売り出し中の商品は買わないようにしています。
同じような理由でマネキンコーデも参考にしないようにしています。
そして、安物だと見せないようにする為に小物選びを重視しています。

ピアスやネックレスは、キラッと光るワンポイントの物、ヘアアクセをアンティーク調の物にしたり、時計はブランドを付けたり、スニーカーならスポーツブランド、ヒールは黒や白など高級感があるイメージのものを選んで合わせています。
バッグも、皮製品で型がしっかりめの物だと尚いいと思います。
そして小物も含めカラーは2~3種類におさめています。
メインカラーを白(全体的な色味)だとすると、サブカラーをグレー、アクセントカラーには小物で少し派手なカラーを合わせたりしてシンプルにまとめています。
シンプルにまとめることで、落ち着いたコーデになり、安物に見えなくなります。

スーパーのお惣菜の最終値引き価格を知って

惣菜売り場

近所に23:00閉店のスーパーがあります。
このスーパーでは、夜19:30~20:30ぐらいに1回目の値引き赤札シールが貼り出されます。
この時点での値引き価格は25%引きぐらいです。
そして21:00~22:00に2回目の50%OFFの価格のシールが貼られます。
最近まで、この価格が最終値下げ価格だと思っていました。

ところが先日、閉店ギリギリの22:30過ぎにスーパーに到着すると、75%OFFのシールが貼られていました。
鮮魚や刺身などのシールは50%OFFのシールのままでしたが、お惣菜コーナーは75%OFFになっていました。
50%OFFを知った日は、かなりの感動と驚きと、今まで損してた感でいっぱいでしたが、
75%OFFの価格を目の当たりにすると、何だかスーパーが気の毒に感じました。

おにぎりが一番わかりやすいので、おにぎりで説明すると、1回目の値引きでは100円のおにぎりが75円になり、2回目で50円になり、最終的に25円になります。
つまり定価だと1個しか買えませんが、最終値引き価格だと4個買えます。
これは大家族やお子様が多いご家庭には重要なことです。
また一人暮らしの方でも冷凍しておけば4日分のランチになります。

ということで最終価格を知った今は、閉店ギリギリにスーパーに行くようになりました。
そして75%OFFになったお惣菜を購入しては、冷凍食品のように冷凍しています。

学生ならではの「0円デート」

二人乗りのカップル

学生時代のときなどは誰でもお金がなく、金欠なものだと思います。
でも、学生のときだからこそ思いっきりできる「お金がなくても彼と一緒に居れるだけで楽しい0円デート」が沢山あると思います。
まず、学生ならではで言う「0円デート」は、「テスト勉強0円デート」です。学生のときだからこそ、普段は部活動などで忙しくてもテスト期間は休みの部活動が多くだと思います。
そんなテスト期間に彼と一緒にに学校にそのまま残ってや、公民館などて2人でテスト勉強をする。これぞ学生時代の青春を感じる「0円デート」です。

次の「0円デート」は、「2人で0円公園デート」です。
公園デートと言うのは学生ならでは出来るデートです。
歳をとってから公園で2人でブランコをのりながらお喋りなんて寒過ぎます。
学生カップルが公園でブランコに乗りながらお喋りは、これも学生の青春と言う感じがして素敵です。

そして、その公園の行き帰りは彼が自転車をこいで彼女が後ろに乗る2人乗り!
これも、制服の2人が2人乗りをしていると素敵です。
他の「0円デート」は、2人とも運動部などに入っているなら、2人でランニングデートなんてのも素敵ですよね。
「0円デート」と言うのは、ただ2人で居られるだけで楽しい。それだけで十分なんだと思います。

想い出の一瞬を逃さずに撮れた一眼レフ

一眼レフ

前まで、普段写真はデジカメやスマートフォンや撮り、それで十分だと思っていました。
しかしある日一眼レフカメラで写真を撮っている人を見かけ、普通のカメラと何が違うんだろう、と気になってネットで検索して一度使ってみたいなと思ってしまいました。
黒いカメラは定番だと思いますが、赤い本体で可愛かったので、内容も確認せずに見た目だけで購入しました。

届いてすぐに使えたので撮ってみると初心者でもスマホとは全然違う写真が撮れました。
子供がいるので子供を公園に連れて練習しようと思いましたが、何も知識がなかったので曇り空の下だと暗くなってしまったり走り回っているとぶれてしまったり。
なかなかいいカメラなのに使いこなすことができず、少し勉強してから機能もきちんと考えて購入すればよかった、と思いました。

カメラ本体とは別に写真撮影方法の本を購入したり、レンズや小物の付属品も買わなくてはならず、思っていた以上にお金がかかってしまいました。
ですが設定の仕方などもわかるようになってきて、練習をしていい写真が撮れるようにもなりました。
写真を見返したときにまだ小さい子供の笑顔や一瞬の瞬間を収められている写真を見て、二度と戻れない瞬間を綺麗な写真で残すことができてよかったと。
少し高かったけど一眼レフカメラを買って撮っていてよかった、と思えました。

へそくり、様々な隠し場所。見つからない工夫。

家計のイメージ
マイホームを買ってローンの支払いが始まってから貯金とは別にへそくりをしています。
旦那と子供がおりますので家族があまり触らないような場所をと思いキッチンの棚に隠してあります。
私のイメージですがお金を隠す場所といえばタンスだと思うので、そこは見つかってしまうリスクが高い為避けました。

聞いたことあるのはへそくりの隠し場所として一番多いのは「銀行口座」だそうです。
家族の誰も知らない銀行口座にあえて隠すのは完全ですよね。
他にも本棚や手紙やアルバムなど普段は触らない場所、冷蔵庫などもありますよね。
しかしだれにも見つからないように努力をするのはいいものの、自分が忘れてしまうなんて話もあります。

私も過去に探す工夫を家のあちこちにしているうちに分からなくなってしまったという経験があります。
調べてみたところ電子マネーやポイントカードに隠すというツワモノもいるそうです。
ポイントカードの場合使った額に応じて気づかないうちにポイントがたまるのでふつうのへそくりのように切りつめて作ったお金を別の場所に隠すという必要がありません。
貯められる額は少ないとは思いますがあると使ってしまうという方にはコツコツと続ける事ができる方法ではないでしょうか。

かさ増し万能ヘルシー厚揚げで乗り切る

厚揚げ
給料から固定費や貯金を抜いていくと食費に使える費用はほとんど残りません。
だからといって、私が作る料理で家族の体が作られていると思うと、見切り品の野菜ばかりを食卓にのせるわけにもいきません。
なので材料は新鮮なものを買うことをこころかげています。
購入してきたらすぐに茹でたり焼いたり冷凍したりと下処理をします。

そこで我が家の冷蔵庫に欠かせないのは厚揚げです。
厚揚げは万能です。
おでんや青菜との煮物にもできるし、チャンプルーや麻婆豆腐にすると豆腐よりも歯ごたえもあり、よく噛むので満腹感も得られます。
お肉がなくても、厚揚げからの油があるので物足りない感じも減ると思います。

ただトースターで焼くだけでも一品になります。
しかも、醤油に鰹節、わさび、唐辛子、チーズ、ケチャップとチーズでピザ風、ソースとマヨネーズと青のりなどでお好み焼き風もおいしいです。
トッピングを変えただけでどんな料理の副菜にもなりますし、主菜にいれればかさ増し効果にもなります。

厚揚げは豆腐よりや油揚げよりも食べごたえがあります。
なおかつ崩れにくいため、お弁当にも最適です。
あと一品足りない、という時にトースターで焼けばしっかりとした副菜になりますしトッピングで味も彩の変化もつけられます。
豆腐よりはお高いですが、簡単にアレンジできるのでおすすめです。

余裕がある生活してる人の考えは違う

高そうな外車我が家の裏に住んでいるご夫婦は生活に余裕のある生活をしております。
旦那様のご両親は両方共学校の先生をしていて忙しいので、小さい頃は【乳母】に育てられたてとおっしゃっておりました。
現在はご両親が所有していた大きい家を引き継ぎ、ご両親がご健在の時に建てた我が家が不要になったので我が家が購入した縁で知り合いになりました。

ご夫婦には子供が居なくてご夫婦で別々の航空会社に正社員で勤めている為に、車外車2台所有していて壊れたら修理するの考えではなくて壊れたから買え換えると言う考えみたいです。
航空会社勤務の為か安易に航空券が入手出来るので年に7、8回海外旅行に行っているみたいです。
海外旅行だけでなくて美味しい物が食べたい・温泉に入りたいという事でアクティブに国内旅行も行ってる様子。
普段の食事も家族二人だからと殆ど外食の生活だとおっしゃっておりました。
旅行に行ったり外食が多かったりするのも仕事の糧にもなっているから夫婦で働き余裕のある生活になるのだろうなと思います。

最近一軒家の家が有るのに通勤に便利なのと夜飲んで帰宅するのに便利だからと、駅近のマンションを購入し一軒家の方は別荘代わりにして週末だけ来て庭のお手入れしています。
「我が家は子供も居なくて二人正社員で稼いでるから配偶者控除等無いから、せめてマンション購入して住宅控除を受けようと思って購入した。」と言っておりました。
余裕がある人の考える事は違うなと思いました。